コンサルママの妊活育児日記

37歳でアプリ婚、39歳で凍結受精卵から長女を出産、全力ダッシュの日々

上咽頭炎で苦しむ方必見!低周波治療器を使って症状改善が出来るかも!

昨日のブログに引き続き、上咽頭炎の治療についてです。

 

私は昨年2021年6月頃から上咽頭炎になり(当時は副鼻腔炎だと思っていました)約1年の治療を経て、症状を改善してきた39歳のママです。

 

同様に上咽頭炎に苦しむ方の参考になればと、私の治療に関する記録を紹介します。

 

昨日のブログ↓↓

omichiko.hatenablog.com

 

昨日の説明通り、治療を重ねてきたみちこですが、劇的に症状が改善したのは、

 

・耳鼻専門の鍼灸による首凝りの解消

低周波治療器による手足の凝りの解消

 

のおかげでした。

 

低周波治療器による治療は、完全に独自に考えて生み出したものですが、

 

手足のに鍼を刺し、首凝りの解消をする鍼灸の手法を見て、低周波治療器で手足の凝りを解消しても良いのでは??

 

と思い、鍼灸で鍼を刺してもらった部分に後日電気を当ててみたら、鍼灸同様に鼻がすっきりして、後鼻漏の症状が落ち着いたのです!

(完全独自で編み出した技なので、医学的根拠のあるものではない点ご留意下さい)

 

ちなみに、耳鼻専門の鍼灸は、私はこちらに通っていました。

耳鼻科専門鍼灸院 はりきゅうルーム岳

 

ゆっくりではありますが、着実に効果がありました。感謝です。(涙)

 

東洋医療凄い✨✨

 

さて、勿体ぶらずに、私がどのように低周波治療器を活用して上咽頭炎(後鼻漏)を改善したかを紹介しますと、

 

低周波治療器を下の絵の1〜6の部分にあてるだけ。左右どちらにあてるかは、その時気になる鼻の側を優先しつつ、余裕が有れば全部の箇所にあています。

 

f:id:Omichiko:20220524001303p:image

 

凝っている場合には若干痛かったりするので、そんな時は、15分の一サイクル終了のちにもう15分あてて、トータル30分電気治療をします。

 

実際にどんな感じでシートを貼っているかと言うと、

 

①小指の付け根

② 人差し指と中指の間

③手首

はまとめて、

f:id:Omichiko:20220524001910j:image

 

④肘の先
f:id:Omichiko:20220524001907j:image

 

⑤、足首の外側
f:id:Omichiko:20220524001904j:image

 

⑥足首の外側
f:id:Omichiko:20220524001901j:image

 

といった感じで治療器のシート部分を貼っていました。

 

電気を流すと凝っている部分は痛くて分かるので、貼って電気を流してみながら微調整してみると良いかも知れません。

 

皆様の不調が解消されるお役に立てたのであれば幸いです!

 

我が家のベビたんは、いよいよ保育標準時間で18時まで保育園で過ごす様になりました。

 

今日は、さっきまで2時間くらい夜泣きで大暴れしていました😂

 

あまり泣かない子だったので、これまでそれほど夜泣きで苦労した事が無かったのですが...

 

こ.れ.は...大変だ💦

 

それでは、また明日!

おやすみなさい😴

上咽頭炎に苦しむ私の治療記録

ちょっと育児からは離れますが、昨日、上咽頭炎の症状に低周波治療器が効くかも、というお話をしたので、

 

私が上咽頭炎に苦しんできた経緯と、ほぼ完治した今までの治療記録をご紹介したいと思います。

 

逆に、こんな治療もあるよ!って情報あれば是非お願いします!

 

私も、上咽頭炎罹患以来、色んなブログや口コミを頼りに治療をしてきたので、今も苦しむどなたかの参考になれば幸いです!☺️

 

ちなみに、上咽頭炎を知らない方向けに。

↓↓

咽頭炎とは、鼻の奥の上咽頭が炎症を起こし、鼻の奥がヒリヒリしたり、鼻水が喉の奥に流れてくる後鼻漏という症状が出てくる病気です。

 

始まりは、昨年、妊娠後、当時のクライアントが出社希望だったのでクーラーの効いたオフィスで仕事をしていたところ、鼻の調子が悪くなり...

 

最初は副鼻腔炎だと思い、近所の耳鼻科に通っていたのですが、妊娠中のため薬を出して貰えず更に悪化...(妊娠中でも使える薬はあるのですが、その病院の方針で処方されず)

 

後鼻漏がつわりによる吐き気を刺激し、何度も嘔吐...ギャァ

 

妊娠後期には、よだれづわりも発症し、在宅のデスクの横にバケツと水の入ったペットボトルを置き、うがいをしながら仕事をしていました。

(思い出す地獄の日々...)

*症状の度合いとしては1ティッシュ箱/1日

 

気づいた時には、日常生活が困難な状況に...

 

ネット検索で対処法を調べた所、副鼻腔炎にはb-スポット治療が有効だと聞き、b-スポット治療が可能な病院を探して受診。

 

そこで、ようやく、上咽頭炎だと診断されるに至りました...

 

最初の病院では、内視鏡も使わずに副鼻腔炎だと診断されていたのですが、後に受診した病院では、内視鏡で上咽頭の炎症を確認しているので、病院選びって大事ですね...

(最初の病院も評判のいいお医者さんなので、得手不得手はありますよね☆)

 

その後、上咽頭炎と診断してくれた病院でb-スポット治療を開始。

週1〜2の治療を約3ヶ月続けました。

 

b-スポット治療は、大変過酷な治療でして...塩化亜鉛などの消炎剤を上咽頭の炎症部分に直接擦り付けるのですが、これが激痛&つわりによる吐き気が...

 

通院中2回くらい嘔吐しています。

 

私は当時拷問と呼んでいました!笑

 

しかし、効果としてはそれなりにあり、

b-スポット治療当日は激痛のヒリヒリと大量の後鼻漏。

3日後くらいに症状が軽くなり、また徐々に元に戻っていく...というのを繰り返し、全体では徐々〜に症状が軽くなる感じでした。

 

ちなみに、友人から鼻うがいを勧められたのですが、私の場合は鼻うがいだけだとむしろ症状が悪化。

 

b-スポット治療に加えて、こちらのうがい薬を鼻うがい用の液で薄めて(2%程度が限界でした、それ以上だと痛い)鼻うがいするようになってからは症状改善の効果がありました。

 

 

 

上に貼り付けたASTRING-O-SOLとゆううがい薬にはb-スポット治療で使用する塩化亜鉛が入っているそうで、自身の治療経験を詳細に紹介している人のレビューを見て試してみた感じです。

 

しかし、このb-スポット治療&鼻うがい開始3ヶ月程で症状改善は頭打ちに...

*症状の度合いとしては0.5ティッシュ箱/1日

 

更にネットで調べて、こちらの耳鼻専門の鍼級で上咽頭炎が治るというので受診した所、b-スポット治療で頭打ちになった症状の改善が更に進み、今に至ります。

 

この間、

・耳鼻科 月1〜2回の通院6ヶ月

・3ヶ月後からは並行して、別の耳鼻科でb-スポット治療 週1-2回の通院3ヶ月

・その後、鍼灸に切り替え、週1回の通院6ヶ月目くらい

 

お金もかかりました...ざっと20万くらい??

 

何より、通院に時間が取られるわ、気軽に出かけられなくなってしまったので、機会損失が半端なかったです😂

 

咽頭炎は、原因不明&有効な治療法が確立されていないそうなのですが、色々調べてみると、病気がきっかけとゆうケースの他、以下が原因となっている可能性があるようでした。

 

・上咽頭の乾燥

・首の後ろの冷え

・手首の冷え

・首こり

・酸化した油、上白糖の摂取

 

ちなみに、嘘か本当かコロナの後遺症でなるケースがある、とゆう記載も度々見かけました。

 

冷えや乾燥も対策したのですが、この首凝りを自分で何とかしようと編み出したのだ、鍼灸低周波治療器との重ね技でした。

 

紹介した鍼灸では、基本的に、この首こりを解消するのですが、その際に鍼を刺すのは肩、首ではなく腕や足!

 

鍼により、腕や足の凝りを解消する事で、首凝りを解消し、上咽頭の炎症をおさめるとゆう治療です。

 

鍼灸で効果があるな、と分かってからは、鍼灸と並行して、低周波治療器で、その週に鍼灸で刺してもらった場所に、電気を流して、凝りを解消するように。

 

この並行治療によって、今では、症状が全く出ない日もある程!

 

鍼灸&低周波治療器をもうしばらく続けたいと思いますが、完治が出来そうな見通しが立ってきて、本当に嬉しい😭✨✨✨

 

折角なので、私がどのように低周波治療器を使って上咽頭炎の症状を改善してきたかを明日ご紹介したいと思います!!

 

ちなみに、ちなみに、私の友達にも、高齢出産で妊娠中に副鼻腔炎に苦しんだというお話を聞いたので、もしかすると、妊娠で悪化しやすい病の一つなのかな?と勝手に思っていたりします。(医学的に根拠のある説明は聞いたことがないので、あくまで私の想像)

 

それでは、今日?はこんな時間なのでこの辺で。

 

生後3ヶ月からの育児は腱鞘炎との戦い…手放せない低周波治療器

f:id:Omichiko:20220520214015j:image

 

事務手続きなどで忙しくしていたらブログ更新が滞ってしまいました...ああ、連日投稿を目指していたのに...

 

コメント承認も遅くなってしまってすみませんでした。心温まるコメントありがとうございます!😊

やっぱりHISAKOさんの動画皆さん見てらっしゃる方いらっしゃるんですね。12人も産んでいるとか、彼女すごいですよね。

 

さて、我が家のベビタンですが、生後3ヶ月後には5キロになり、4ヶ月になる今では6キロに迫る勢いです。(丁度平均くらい)

 

すくすく育ってくれて嬉しい限りです。

 

しかし...

 

そのくらいの重さになると、抱っこによる筋肉疲労が半端ありません。

元々、(PC操作等)手を使う仕事が多めなので、慢性的に腱鞘炎気味なのですが、いよいよ痛みも強くなってきました。

 

特に、我が家のベビたんは、高い高いや、クッションにブホっと落とす遊びが大好きで、キャッキャ笑ってくれるのですが、

 

そのアクロバティックな遊びの結果...

手が痛い😂

 

でも、笑ってくれるのが可愛くてやめられない♡♡

 

そこで大活躍なのが、こちらの

オムロン 低周波治療器 3Dエンパレス プロ

*すごい、簡単に商品紹介リンクが貼り付けられる機能があるんですね!

 

元々、こちらの

オムロン 低周波治療器

 

を持っていたのですが、動いたり動かなかったりと壊れかけていたので、機能が充実した3Dエンパレスを購入してみました。

 

3Dエンパレスでは、電気が流れる面積が広いのと、

3Dマッサージが可能。

 

3Dマッサージって何やねん?って感じですよね??(笑)

マッサージが単調ではなく、リズムがあるって感じでしょうか?

&、なんとなく、奥の方に届いたり浅かったりを交互にしてくれたり、ビリビリがきめ細かな感じとか。

 

ざ、雑な説明ですみません...

 

買ってみた感想としては、

小さい方の低周波治療器でも十分、かつ、小さくてどこでも持っていけるので、小さい方が良かったかな??

 

ただ、3Dマッサージ等、マッサージのバリエーションは充実しているので、もしかしたら今小さい方の低周波治療器を使うと、物足りなさを感じてしまうのかも知れません。

 

欲を言えば、小さいのと3Dを両方購入し、お出かけや移動しながら(笑)マッサージする時には、小さい方を使うのがスマートかも知れませんね。

 

みちこの場合は、毎日、冒頭でお話しした腱鞘炎に加え、上咽頭炎の原因である首こり肩こりを解消すべく、体の至るところをマッサージしているので、

 

・家事をしながら、

・授乳をしながら、

・寝かしつけをしながら、

・ブログを書いている今も!

 

低周波マッサージ機を当てています。

ヘビーユーザです。

(注:一応、一箇所1日30分以上は超えないようにしています)

 

持ち運びの利便性も重要なのです。

 

写真は、授乳後、ベビたんが授乳クッションの上で寝ている隙に低周波マッサージ機をあてているところです。

 

鍼級や整骨院にも通っていますが、さすがに毎日は通えないので、こうした隙間時間?に治療ができると本当に良いですよね。

 

授乳クッションが、整骨院の治療台に早変わりって感じ。

 

オムロン、感謝です。

 

ちなみに、今調べていてびっくりしたのですが、小さい方のオムロン低周波治療器...値段が私が買った5年くらい前から倍増しているような??

 

インフレ怖い怖い。

皆様、対策とかしていますか??

 

商社勤務の旦那さん情報で、半年後に向けてどこもかしこも値上げだ!値上げだ!!って言っているらしいく、

 

我が家でも、近々、古くなった家電を一掃して買い替える計画です。

(お互い、壊れるまで使うタイプなので、我が家は家電は全て10年選手です)

 

&中古市場のメルカリに期待って感じ。

 

それでは、今日は雑多な感じでしたが、また明日!

 

 

 

0歳3ヶ月からフルタイムで保育園に通わせている罪悪感を吹き飛ばしてくれた話

本日、慣らし保育7日目。

昨日からベビたんは9時から15時まで保育園で過ごしています。

 

15時まで離れていると流石に仕事も進みます。

一方で、ベビたん大丈夫かな?不安になっていないかな?という心配も再び出てきます...

 

実は、昨日迎えに行った時、ベビたんが虚な目をして私と目を合わしてくれず...

「ベビた〜ん」と、敢えてベビたんの目線に入っていこうとしても再び目を逸らされるのを4、5回繰り返し(涙)😭😭

 

どうしよう!

私の事を忘れてしまったのかも!!

 

とか、

 

もしかして、母親と離された極度の不安で頭がおかしくなってしまったのかも!!

 

と思ったりして、一気に不安に😰

 

結局、数時間ほっぺにチュッチュしたり、はぐはぐしたり、遊んでいたら、いつも通り目を見て笑ってくれたので、一安心しつつ、やっぱりフルタイムでの復帰はやめた方がいいのかも、等もやもやして今日を迎えました。

 

今日は、先輩が始めたスタートアップの会社とのミーティングが入っていたのですが、それもどこか後ろめたく...。

(one of 副業として業務支援の予定)

 

しかし、そのミーティング開始5分で私の悩みは強風にさらわれる麦わら帽子のごとく、どこかに飛んでいってしまいました。

 

実は、そのミーティングには、3歳のお子さんを育てるママさんが入っていたのですが、

 

彼女は、生後3ヶ月の赤ちゃんをフルタイムで保育園に預け、3ヶ月で会社復帰。

(みちこは6ヶ月間は会社を休む計画です)

 

現在、1、2週間の海外出張も普通にこなしているらしいのです。

 

お、男前すぎる。

 

思わず、

「赤ちゃんに悪い影響とかないですか???」

と、仕事関係ない質問をぶつけてしまったのですが、

 

「あはは、全然ないですよ、発達障害のような傾向もないし、愛着障害みたいな事もないし、むしろすくすく育ってます」と。

 

このタイミングで本当に神の救いのような話を聞くことができました。

 

友人や職場の人でも0歳から保育園に入れている人はいますが、なんだかんだ短時間だったり、半年後とかだったり、

 

意外と0歳3ヶ月でフルタイムで保育園入れていたケースって少ないし、

 

調べれば調べるほど、0歳のうちに母子分離すると愛着障害になるとか、不安になる話が多くて...

 

彼女曰く、保育園だけだと時間が足りずに地域のファミリーサポートにも預けていたとの事。

 

子供は地域に育ててもらおうという夫婦の方針らしく、

結果、両親以外の大人との関係から多くの事を学んでいるそうです。

 

3歳になる今では、ミーティングに参加して機関車トーマスの絵をホワイトボードの端で描いていたり、世界各国の出張についていくほど、たくましく成長。

(社長である私の先輩がおおらかなので、海外出張の際には、旦那さんに預かってもらうか、一緒に連れて行くそうです。勿論、ミーティング乱入は朝飯前)

 

究極の働き方改革ですね(笑)

 

なんだか、これまでの自分の悩みがちっぽけに見えてきました。

その後、お迎えに行く保育園への足取りが軽い軽い。

 

勿論帰ってからは、た〜っぷりはぐはぐチュッチュして愛情を届けました。

やはり、保育園に通いたては環境の違いや生活リズムの違いで疲れて熱を出したりする事もあるようなので、

 

保育園の先生のおっしゃるように、仕事が終わったら早く迎えにいってあげたりもしつつ、母子共々この生活に慣れていければと思います。

 

ちなみに、助産師HISAKOさんのこちらの動画も、涙出るほど嬉しかったので、もし、同様に悩むママさんがいたら見てみて下さい♪

 


www.youtube.com

 

HISAKOさんの動画は、妊娠時から何度も見させて頂いています。

彼女の、「頑張らんでええ!」、に救われたママさんも沢山いる事でしょう。

 

それでは今日もお休みなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこした状態でママの通院ってどこまで行ける??

 

徐々にベビたんが保育園にいる時間が長くなり、不安が増す今日この頃。せめて、家にいる間は一緒にいて遊んであげようと思った結果。

 

ぁあ、今日もこんな時間です。

 

さて、もはや自己満ですが、これまで抱っこ紐に抱っこした状態でベビたんを私の通院に付き合ってもらった結果、お勧め度を整理しました。(そんな事してないでベビたんと一緒に寝てあげなさいよ...という声が聞こえそうです...)

 

病院に行ったのは、生後1ヶ月〜3ヶ月くらいの間。

まだ自立して座れないので、抱っこ紐で抱っこして受診していました。

 

眼科や耳鼻科に関しては、基本的に問題ありませんでしたが、私は緑内障なので、視野検査(トータル10分間くらい集中して画面を覗き込む必要があります)の必要があり...視野検査は、できれば赤ちゃんは置いてきた方が良さそうです。

 

歯科検診も個人的には問題無かったのですが、友人から、検診とは言え先の尖った器具を当てるので、赤ちゃんが暴れたら怖すぎ...という意見をいただいたので、★減らしました。

 

ちなみに、この他皮膚科も行ったのですが、こちらは簡単に想像できる通り、全く問題無かったので表に入れてません。

 

一方、鍼級は赤ちゃんが泣くと迷惑という事で、そもそもNGだったので入れていません。

 

病院の設備や方針によるところもあると思いますので、へぇ〜そんな事があるのか、くらいの軽い気持ちで見ていただけると嬉しいです。

 

それぞれ簡単に補足しますと。

 

①歯医者

・病院側も??という感じで、このまま(抱っこ紐したまま)で良いのですか?と2回くらい確認されました

・当時ベビたんも寝ていたので、大丈夫です!とそのまま診察台へ。

・お腹の上に機材とか置く歯医者もあるので大丈夫かなと思ったのですが、検診そのものは、結果全く問題ありませんでした

・ただし、私の場合、虫歯の可能性があり、レントゲンも撮ったので、その間は看護師さんがベビたんを抱っこしていてくれました

(柔軟なご対応ありがとうございました)

 

②眼科

・視力検査等は、立った状態なので、ベビたんを揺らしながら検査する事ができ、例えぐずっても全く問題なし

・ただし、緑内障の視野検査は、集中力が必要で、体を動かすと検査にならないのと、時間も長いので赤ちゃんがぐっすり寝ている状態のみ可能かと思います

・私の場合は、検査中にベビたんがぐずりだしてしまったので、中断となり、授乳して戻ってきた後、看護師さんが抱っこしてくれて、無事検査が受けられました

(大変助かりました、ありがとうございます)

 

③整体

・整体は、赤ちゃん連れてきて良いというので、どうするんだろう??と思っていたのですが、新生児向けにはゆりかごを準備してくれました

・整体師さんが超絶器用で、私の整体をしつつ、足で赤ちゃんのゆりかごを揺らしていました

・赤ちゃんがぐずった時には、途中で授乳させてもらったり...こちらもかなり柔軟に対応くださいました

(いつもありがとうございます)

 

④耳鼻科

・耳鼻科は、副鼻腔炎、上咽頭炎の治療のために、たまに通院しています

・こちらも、鼻に先の尖った器具を刺したりするのですが、じっとしていなければいけないのは一瞬なので、基本的に問題ないかと思います

・受診するのは赤ちゃん、というケースが多いかと思いますが、耳鼻科って新生児連れたママさんもよく見かけますよね

(今度はベビたんもよろしくお願い致します)

 

Rasさんからも、”非常識ではないですよ!”と温かいお言葉をいただいたので、これからも一緒に病院に行ける時は一緒に行きつつ、面白いエピソードがあればご紹介できればと思います。

 

Rasさん、ありがとうございました!!😊

 

いざ子供を持ってみると、こんな時どうしたら良いのだろう?と戸惑う事も沢山ありますが、人の優しさに触れる機会も多くなりますね。

 

それではお休みなさい〜。

 

 

 

 

 

産後の歯科検診を受けてみたら…

f:id:Omichiko:20220512152630j:image

 

今日で慣らし保育も6日目。

先週金曜日から、我が家のベビたんは4時間保育園で過ごしています😊

 

昨日のブログで書いた通り、色々と葛藤はあるものの、

数時間預かって貰えるだけで仕事が進む進む。

(それ以上に、たまった仕事の負債がやばいですが...ヒィイ)

 

さて、今日は保育園の間、歯医者に行ってきました。

 

実は、産後の歯科検診で奥歯に虫歯が見つかったのです。

 

詰めていたプラスチックが割れて、そこにちゃっかり虫歯が...

 

自覚症状はあまりなかったのですが、産前の歯科検診をしていなかったので、念のためと思って受けてたら案の定。

 

母子手帳にページがあったので気がつくことが出来ました。

母子手帳、さすがです。

 

一般的に、産前産後は虫歯や歯周病になり易いと言われていますが、正直あまり気にしていなかったので、いざ虫歯になってちょっと反省。

 

そもそもなぜ?と思ったので一般論を調べてみると、

 

(1)口内環境の変化

・女性ホルモン(エストロゲン)の影響で歯周病になり易い

・女性ホルモン(プロゲステロン)の影響で歯肉炎になり易い

・唾液が減少し、虫歯になり易い

・口内のpHが酸性の環境に傾き、虫歯になり易い

 

(2)つわり症状

・一度に沢山食べられないため食事回数が増加する

・吐き気により歯磨きが出来なくなる

・(人によって)甘いものを沢山食べてしまい虫歯になり易い

 

(3)忙しさ *産後

・育児で忙しく歯医者に行けず虫歯が悪化

・育児で忙しく歯を磨き忘れる

 

とのこと。

ふむふむ。

 

...これは...間違いなく全部該当しますね😅

 

みちこは、持病も沢山持っているので、病院は極力すぐ行きます。

しかし、そんな私ですら産前の歯科検診はスキップしているので、結構見落としがちなのかも知れません。

 

ちなみに、産後も沢山の病院に行っているのですが、子供のいる友人からは、良く行く時間あるね??と言われたので、ちょっと驚き。

 

非常識なのでしょうか??

私はどんな病院でも(病院側がNGと言わない限り)最近まで、ベビたんを抱っこ紐に抱っこして行ってきました。

 

流石に、歯の治療の時には、病院側から、

「あの...治療の時は赤ちゃん置いて来れませんか?」

と言われ、ようやく、あ、やっぱりちょっと強引だったかな??と思ったくらい😅

 

幸い、今月から保育園に入れたので、今日はベビたんを保育園に預けてから歯医者に行ってきました。

 

思い返すと、確かに、その他でも問題なかったかとは言えないので、明日はその話でもしようかな〜??

 

友達からも質問されるくらいだから、困っているママさんも多いかも知れませんね。

良く、ママさんが育児に追われて病院に行けず、持病を悪化させたという話も聞きますし...。

 

自分を大事にしてこそ良い育児ができる!と個人的には思います。

 

それでは、皆様、お休みなさい。

 

 

 

 

0歳3ヶ月で赤ちゃんを保育園に入れる葛藤

すごい...最近ブログを訪問下さっている方々がいて、いいねや、読者にまでなっていただいたりして感激しています。本当にありがとうございます。

 

可能な限り、お返しいいねなどしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

(毎日、私のアクセス数しか更新されない間、なかなか悲しいものがありました...永遠と独り言...)

 

さて、我が家のベビたんは今0歳3ヶ月。

今月から保育園に通っています。

(今は慣らし保育で短時間ですが、いずれ標準時間の9時-18時になります)

 

↓↓貼り付け方おかしいかも知れませんが、過去の保活ブログ

omichiko.hatenablog.com

omichiko.hatenablog.com

omichiko.hatenablog.com

 

実は、先日保育園から、

「まだ小さいので、仕事の無い日はなるべく早く迎えに来てくださいね」

 

と言われて、ちょっと考えてしまいました。

こんな早くから預けると、赤ちゃんに良くない影響があるからかな...とか。

 

やっぱり、こんな早くから赤ちゃん預ける母親とか酷いかな...とか。

 

別の視点からは、

保育料満額払ってるのに!!...とか。

(こゆ発言すると内心赤ちゃんに罪悪感...)

 

そこで、ちょっと気になって調べてみると、そもそも、0歳から保育園に入れる人の割合は、保育園利用者の16%

厚生労働省が2019年に公表している「保育所など関連状況取りまとめ」より)

 

そのうち、更に3ヶ月までに入園する割合は、とある自治体のデータでは5%...

 

保育園に通う0歳児がどのくらいの月齢で入園しているかをチャートにするとこんな感じ↓↓

 

*手抜きして、ネットに転がっていた、とある自治体のデータを加工

*そのうち、ちゃんとしたデータ探して置き換えるかも知れません

 

...自治体によってかなり異なるかとは思いますが、3ヶ月から赤ちゃんを預けるご家庭は、割合としては多くなさそう...😅

 

そして、背景として気になったのは、

・保育園側も一人で色々出来ない赤ちゃんに対しては、つきっきりで見なければいけない

・赤ちゃんが寂しがることもある

 

とゆう事。

 

保育園側にも負担になるんですね。

何より、ベビたんが寂しがっていいたらどうしよう!!!😰

(我が家のベビたんは、保育士さんにニコニコっと愛想を振りまきながらご機嫌で連れて行かれてはいますが、子供ながらに寂しさを堪えていたりして...)

 

時間があればあるだけ仕事しちゃうタイプなので、生き方見直さなきゃかも知れません。

(見直してるうちにベビたんが仕上がってしまう可能性もありますが)

 

こんなみちこも、実は保育園決定時には、号泣して、

 

「やっぱりベビタンを保育園になんて入れられない!!」

 

と言い出したりしてました。

 

うちの保育園では搾母乳をあげられないとゆうので、母乳を諦めなければいけなかったりしたのも当時はショックでした。

 

元々混合でスタートしたのですが、私の母乳の出が良かったのと、結局母乳の方が楽で、生後1ヶ月過ぎてからは、ずっと完母で育てていたので...

 

面白いもので、元々どっちでも良かったのに、一度完母になってから、粉ミルク飲ませるのは抵抗感が半端ありませんでした。

 

ごめんねベビたん、ママの仕事のせいで、おっぱい飲ませられなくて...😭

 

とゆう感じ。(今となっては、笑)

 

旦那さんも、笑いながら、

「元々、辛いから混合で良いって言っていたじゃん」とつっこんでいました。

 

それよりも、それまでずぅうっと一緒にいた我が子を近場とは言え他人に預けるなんて...離れたくない!!

 

とか、

 

母親の愛情に飢えて、Cold Personになったらどうしよう😭

 

とか、

 

そんな幾多の葛藤を乗り越えて、ようやく保育園に前向きに入れる気持ちになったのに...

 

既に追加で仕事の依頼を受けているのですが、副業の量を見直して、会社復帰までは保育短時間に調整しようか、迷い始めています。

 

いや、むしろ、焦らず会社復帰も先に伸ばしても良いのかも。

 

今のところ、ベビたんに変わったところはないので、このまま標準時間で預けつつ、万一寂しがったり、荒れるような事があったら短時間にしよう!というところで今日は落ち着きました。

 

ふう。

 

同じように悩んでいる方もいらっしゃると思うので、アドバイスあればお願いします😫

 

それでは、また明日。